依頼する業者によって違う

公式ショップへの修理依頼はどれくらいかかるのか

アイフォンを購入できる公式ショップでは専用の保証をつけることができます。これはアイフォンが壊れてしまったときに対応するサービスで、通常料金よりも安価に修理を行ってもらえます。ちなみに保証は付帯しなくても良いですが、その場合は保証ありよりも高い金額が請求されるのが特徴です。例えば画面が損傷したときの修理金額は保証ありだと3400円で、保証未加入だと17800円からの対応をします。その他の過失や事故に関しては保証加入で11800円また未加入だと35800円と結構な金額がかかります。保証をつけておけば一万円以上も安くなるのがメリットです。他にも電話サポートを長く利用できるといった特典もあります。また製品保障は2年間利用できます。

一般業者はかなり安い

公式ショップの修理サービスは質が高いですが、ちょっと値段も高めです。できるだけコスト削減をしたいときには一般業者を利用しましょう。ここでもアイフォンの修理を行っています。修理内容はボタンの破損から画面の破損やカメラからデータまで細かいところまで対応できるのがメリットです。基本的に公式ショップと違い非常に安い金額で修理を行っています。どれくらいの金額がかかるのかというと、画面の損傷なら5000円から16000円くらいです。ホームボタンの修理なら、5000円くらいでバッテリー交換も5000円ほどで対応してくれます。修理費用はアイフォンのバージョンにより変化します。バージョンが新しい本体ほど修理金額も高くなるので注意が必要です。

iPhoneに何かしらのトラブルが発生してしまったら、まずは電源を落としてみましょう。iphoneの充電ができない場合も、電源をオフすることで対処できることが多いです。