本体を送付して修理してもらう

iPhoneが故障したらどうする?

最近のスマホはどんどん薄く軽くなってきたので、ちょっとしたぶつけたり落としただけでも画面が割れてしまったり、電源が入らなくなってしまうことがあります。特にiPhoneは画面が薄く割れやすいため、落としてヒビが入ってしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。ちょっとしたヒビなら動作もするし修理はしない、という人もいるでしょう。 しかし、少しのヒビや傷でも放置しておくといきなり動かなくなったり、充電できなくなったりしてしまう可能性があります。バックアップしていない場合は大事な写真やデータなども消えてしまうリスクがあるのです。ですので、ヒビが入ったり、少しでも異常を感じたら一度診てもらうのが賢い選択です。 iPhoneの修理には正規店での修理、郵送での修理依頼、非正規店での修理などいくつか方法があります。

送付して修理してもらう方法

iPhoneの修理には大きく分けて正規店、非正規店に分けられます。
正規店では配送修理サービスというものがあります。壊れたiPhoneを自宅に来てくれた配送の方に渡すだけで、数日後修理済みのiPhoneを届けてくれる、というサービスとなっています。
店舗へ修理に行くと大体待ち時間がかかります。休日ともなると何時間も待たされることもありますよね。このサービスを使えば自宅から一歩も出ずに修理ができるので、忙しい人や店舗で長時間待つのが嫌な人にはぴったりです。

ただし、送付して修理する際には念のため事前にバックアップをとっておく必要があります。大事な写真やメール、データなど消えてしまわないように注意しましょう。また、正規店は非正規店に比べて料金が割高ですが、オプション契約で安くなる場合があるので、こちらも確認しておきましょう。

画面を破損し、iphone5sの修理を行うときの修理代金は、画面の割れを補修するときは、約4,000円から6,000円です。一方で液晶パネルの交換になると、約6,000円から9,000円の修理代金が必要です。